Life School Y-PU > 図書館 > 【大学生に20万円!?】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』を活用しよう!

【大学生に20万円!?】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』を活用しよう!

新型コロナウイルス感染症の影響により、私たちの生活さまざまな影響が出ています。私たちの通う大学・大学院などの教育機関も例外ではありません。

そんな中、文部科学省より新型コロナウイルスの感染拡大による休業の影響でアルバイト収入が減少した学生への支援策として、住民税非課税世帯の学生には20万円、それ以外の場合には10万円が支給される、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』が給付されることが決定されました。

今回は、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』についてや申請方法、該当条件など、詳しくご紹介していきます!

 

 

学びの継続のための『学生支援緊急給付金』

 

5月19日、国内の大学等に在学している人を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大による休業の影響でアルバイト収入が減少した学生への支援策として「学生支援緊急給付金」を給付することが閣議決定されました。住民税非課税世帯の学生には20万円、それ以外の場合には10万円が支給されるという給付事業です。

支給を受けるためには、一定の要件を満たす必要があり、文部科学省より「申請の手引き」が公表されています。
支給対象者の条件が書かれていますが、少し複雑になっているので、Y-PUで整理して解説していきます!

参考ページとして、リンクからご覧ください。

 

【参考】「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き(学生・生徒用)

 

 

私は支給される?支給条件をチェックしよう!

つづいて、給付金の対象となる条件を見ていきいましょう。

 

給付金の支給対象となるのは、
・国内の大学(大学院含む)
・短大、高専(第4学年、第5学年及び専攻科に限る)
・専門学校及び日本語教育機関

に所属する学生のうち、以下の条件に該当する方が支給対象者となります。

 

(1)家庭からの仕送り額が年間150万円未満(授業料を含む)である
(2)原則として自宅外で生活している
(3)生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い
(4)家庭(両親のどちらか)の収入減少等により、家庭からの追加的支援が期待できない
(5)新型コロナの影響でアルバイト収入が大幅に減少している(前月比で50%以上減少)
(6)第一種奨学金や給付奨学金、民間の奨学金などの支援制度を利用しているか、利用を予定している(留学生を除く)

 

しかし、上記は絶対的な基準ではありません。
文部科学省の『Q&A』には「こうした要件を考慮した上で、経済的理由により大学等での修学の継続が困難であると大学等が必要性を認める者は対象とすることにしており、最終的には大学等が学生等の自己申告状況に基づき総合的に判断を行う」と明記されています。

その他にも「(2)原則として自宅外で生活している」について、『Q&A』には「自宅生についても、経済的に家庭から自立している学生等は対象とする」と書かれています。つまり、自宅から通っていても、家庭から学費等の援助を受けていない場合は、その旨を大学に申告すれば対象となる可能性があります。

 

また「(5)新型コロナの影響でアルバイト収入が大幅に減少している」について、新入生の場合、「アルバイトを予定しており、得られるはずであった収入が得られなかった場合は対象となります」とも書かれています。

 

つまり、あくまでも判断するのは大学などの教育機関側であり、上記の項目はあくまで目安だということです。所属する教育機関の判断次第では、一部の条件を満たしていなくても支給対象となる可能性があるかもしれません。
条件に該当しない箇所があるとしても、お困りの場合はぜひご自身の通う教育機関に相談してみましょう!

 

留学生の方も支給されます!

留学生については、上記の(1)〜(5)の条件に併せて、次の4つの要件が求められます。

1)学業成績が優秀な者であること。
2)1か月の出席率が8割以上であること。
3)仕送りが平均月額90,000円以下であること(入学料・授業料等は含まない。)
4)在日している扶養者の年収が500万円未満であること
※仕送り額などの証明のために、通帳の写しなどの提出が求められます。

これらも、あくまで「目安」です。最終的な判断は所属する教育機関が行いますので、ぜひ相談してみるようにしましょう!

 

 

 

どうやって申請するの?申請方法の手引き

 

つづいて、申請方法について解説していきます。
申請締切は6月上旬頃となっていますので、ご注意ください。

 

在籍する教育機関へ申請しよう

 

申請するためには、「学生支援緊急給付金申請書」と「誓約書」が必要です。
書類はそれぞれ、在籍する学校のホームページや文部科学省のホームページでダウンロードできるので、用意しておきましょう。また、その他の該当する要件を証明するために必要な書類も各自で用意しましょう。

一般的には、大きく分けて2つの申請方法が用意されています。
・郵送:紙の書類を学校宛てに送ります。
・LINE、メールなどのオンライン申請:書類を電子データで提出します。

文部科学省はLINEでの申請を推奨していますが、学校によって異なります。必ず学内のHPをチェックするようにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』についてご紹介しました!
大学ごとにもさまざまな支援がありますが、ぜひ受けれる支援は受けておきましょう。
今回のことで、将来に対しての不安などもあるとは思いますが、ぜひ私たちも皆さんの力になることができれば、幸いです。

Y-PUでは大学生向けに、他にも大学ごとの支援情報や、さまざまな読みものコンテンツも用意していますのでぜひご覧になってみてくださいね!